レーザーカットマン X1309 / X1309-RF
目次
製品名称 レーザーカットマン X1309 / X1309-RF
加工例
彫刻&カット加工 デモ
価格
DCガラス管とRF金属管の違い
製品仕様

製品名称 レーザーカットマン X1309 / X1309-RF
彫刻(エッチング)がきれい!
アクリル材をはじめ木材などの素材にも応用可能です。


加工例
アクリル・木材のカット

アクリル・木材の彫刻

LED導光サイン
エッチング加工したアクリルの側面からLEDの光を当てることで、エッチング部分が発光します。LEDは当社取り扱いのLEDバーフレキシブルを使用(青色、赤色)。


彫刻&カット加工 デモ


価格
X1309(ガラス管)
標準価格 ¥ 1,980,000- (税別)
カット可能目安/アクリル20mm厚

X1309-RF(RF金属管)
標準価格 ¥ 2,980,000- (税別)
カット可能目安/アクリル5mm厚

X1309-RF(RF金属管:アメリカ製)
標準価格 ¥ 3,600,000- (税別)
カット可能目安/アクリル5mm厚


DCガラス管とRF金属管の違い
DCガラス管の特徴
DCガラス管

【メリット】
・金属管より安価で出力が大きい
・カットを中心とした加工に対してコストパフォーマンスが高い
・低価格で高品質のレーザー切削を実現

【デメリット】
・レーザーの変調速度が遅く、写真などの繊細な彫刻は不向き
・ガラス製の容器が破損した場合レーザーが機能しなくなる
・水冷機での冷却が必要

RF金属管の特徴
RF金属管

【メリット】
・高寿命、高耐久
・空冷式の冷却で水冷機が不要
・写真などの繊細な彫刻が可能

【デメリット】
・DCガラス管と比べて非常に高価
・出力が小さく、厚みのある材料のカットに不向き
・ガラス管より重量がある。

写真彫刻の比較
左:DCガラス管 右:RF金属管



製品仕様
■ コントロールパネル
X1309には操作のしやすいコントロールパネルが搭載しています。 加工中と加工終了後には、パネル上に加工時間が表示されます。 パネル上でも加工パラメーターを変更することができます。
■ パススルー機能
フロントドアだけではなく、機械背面のバックパネルを開けることにより、 900mm以上の板材やロール状の材料を作業テーブルに乗せることができます。  

■ エアアシスト機能
レーザーヘッドには、調整可能なエアアシスト機能が付いています。 一定の圧縮空気がレンズを埃や煙から守り、材料の加工中の炎上の可能性を減らします。
■ 多機能作業テーブル
材料に合わせて、紙や生地に適したハニカムテーブルと、アクリルや木材などの板材に適したアルミブレードテーブルの両方をお使い頂けます。 木箱や、厚みのある材料のエッチング加工に対応する為に、昇降テーブル機能も搭載されています。  

作業テーブルサイズ W1350mm × D1000mm
作業エリア W1300mm × D900mm × H210mm
本体サイズ W1900mm × D1700mm × H1100mm
レーザー本体 二酸化炭素封じガラス管(130W)またはRF金属管(30W)
接続インターフェイス USB / LAN
電源 単相200V 50/60Hz 15A
対応OS Windows7,8,10
付属品 水冷機



ご購入・お問い合わせ



その他のレーザーカットマン